TERMS

GROOVE ZONE利用規約


株式会社TSIグルーヴアンドスポーツ(以下、「当社」といいます。)は当社が運営するインドアサイクリングスタジオである「GROOVE ZONE」(以下、「本スタジオ」といいます。)の運営にあたり、以下の通り利用規約を定めます。

第1章 総則
(定義)
第1条 本規約に定める条項は当社が運営する本スタジオに適用されるものとします。

(目的)
第2条 本スタジオは会員(第7条第2項で定義します)の健康の維持及び増進を図り、併せてインドアサイクリングスタジオの普及を図ることを目的とします。

(運営)
第3条 本スタジオは株式会社THINKフィットネス(本店所在地:東京都江東区南砂三丁目3番6号、代表取締役:手塚栄司、以下、「TF社」といいます。)が設置する「GOLD'S GYM原宿東京ANNEX店」(所在地:東京都渋谷区神宮前一丁目5番10号神宮前タワービルディング、以下、「本施設」といいます。)の施設内において、当社が運営するものです。

第2章 会員
(会員制度)
第4条 本スタジオは会員制とします。
2 会員による本スタジオの利用については本規約の他、当社及びTF社が別途定める規則及びによるものとします。

(本規約及び諸規則の遵守義務)
第5条 会員は本スタジオの利用に際し、所定の手続を行うとともに、本規約並びに当社及びTF社が別途定める規則に従うこととします。

(入会資格)
第6条 本施設の入会に当たっては以下の各号の条件を全て充たすことを条件といたします。
(1) 本規約に同意し、且つ本規約及び当社が定めるその他の規則を遵守できる方
(2) 20歳以上の方又は18歳以上20歳未満で保護者の書面による同意を得た方
(3) 本スタジオの利用に耐えうる健康状態であることを自らの責任で当社に申告して頂いた方。
(4) 暴力団を含む反社会的勢力の構成員(過去5年間に構成員であった方を含みます)でない方
(5) 刺青(ファッションタトゥーを含みます)をされていない方(但し、縦15cm×横15cm以内の刺青(ファッションタトゥーを含みます)がある旨を当社に申告して頂き、且つ当該刺青が露出しないようにサポーターやシャツ、テーピング等で隠されている方についてはこの限りではありません。但し、刺青の大きさにかかわらず、当社への事前申告なく刺青をされていることが発覚した場合は、当スタジオから退去して頂くことになりますので、予めご了承ください。)
(6) 過去に本規約の違反を理由とし退会処分を当社から受けていない方
(7) 妊娠されていない方

(入会手続及び会員登録)
第7条 本スタジオに入会を希望される場合はインターネット上に設置する本スタジオの公式Webサイトから当社所定の入会手続を行い、当社の承認を得るものとします。
2 当社は、本入会手続を経て当社の承認を受けた方を本スタジオの会員(以下、「会員」といいます。)として登録いたします。

(会員資格、資格の譲渡又は名義の変更)
第8条 会員の資格及びスタジオ利用権を示す証票として発行されるチケットは、会員以外の者への譲渡、貸与、名義の変更、担保等の処分はできないものとします。但し、当社が書面により承認した場合はその限りではありません。

(会員資格の喪失)
第9条 会員は以下の各号の何れかに該当する場合、会員としての資格を喪失することとします。
(1) 第6条各号の何れかに該当することとなったとき
(2) 会員が死亡したとき
(3) 事情の定めにより当社が会員を除名したとき

(資格停止及び除名)
第10条 当社は会員が以下の各号の何れかに該当すると認めた場合、当該会員について会員資格の一時停止又は除名することができることとします。
(1) 本スタジオ及び本施設並びに本スタジオ及び本施設内に所在する設備を故意に毀損した場合
(2) 本スタジオの利用に際して、大声や奇声を発し、あるいは他の会員や当社スタッフ、TF社スタッフを威嚇する行為等の迷惑行為があった場合
(3) 本規約並びに当社及びTF社が別途定める規則に違反した場合
(4) 本スタジオ及び当社の名誉、信用を毀損し、または秩序を乱した場合
(5) 入会手続にあたって当社に虚偽を申告した場合
(6) 会員として品位を損なうものと認められる非行があった場合
(7) 伝染病等他人に伝染又は感染する虞のある疾病に罹患した場合
(8) 本スタジオ内で営業、宣伝、勧誘活動を行った場合又は商品若しくは役務等を販売する行為を行った場合
(9) 当社及びTF社の合理的な指示、指導に従わない場合
(10) 一時的な筋肉のけいれんや、意識の喪失等の症状を招く疾病を有していることが判明した場合
(11) その他当社が社会通念に照らして会員として相応しくないと認めた場合

第3章 運営及び利用
(TF社利用規則等の遵守)
第11条 会員は本スタジオがTF社が運営する本施設内に存することに鑑み、本規約及び当社が別途定める規則だけではなく、TF社が本施設において定める規則を遵守するとともに、その合理的な指示、指導に従わなければならないこととします。

(休業日及び営業時間)
第12条 会員は本スタジオが、年末年始、季節休業日、設備等の点検又はメンテナンス、改装等の都合により当社及びTF社の定める日を休業日とします。
2 本スタジオの営業時間は当社が別途定めた上で本スタジオ及び本スタジオ公式Webサイトに掲出することとします。

(利用料)
第13条 会員は本スタジオを利用する場合、当社が定める利用料を当社が別途定める方式により支払うこととします。

(利用料の返金)
第14条 会員の支払済み利用料については、会員の健康上の理由による退会があった場合(医師による診断書の提出を条件とします)、会員が死亡した場合又は当社が別途認めた場合のみ返金させて頂きます。なお、返金は当社が別途定める方法によることとし、返金にかかる手数料等の実費は会員が負担することとします。
2 当社は、前項に定める理由以外の理由では利用料の返金を行いません。

(利用予約)
第15条 本スタジオの利用は予約制とします。会員は当社が指定する方法により、利用前に本スタジオの利用を予約することとします。

(予約のキャンセル)
第16条 会員は当社の指定する方法により、本スタジオの利用予約を取り消すことができます。但し、この場合でも第14条第1項に定める場合以外には会員に対して利用料の返金は行いません。

(利用資格)
第17条 会員が以下の各号に該当する場合には、第15条に定める利用予約がある場合であっても本スタジオの利用はできません。
(1) 妊娠している場合
(2) 酒気を帯びている場合(二日酔いの場合を含む)
(3) 刃物等の危険物を所持されている場合
(4) 体調がすぐれない場合(月経等による場合を含む)
(5) 本規約、当社及びTF社が別途定める規則を遵守されない場合
(6) 当社及びTF社スタッフの指示に従わない場合
(7) 傷病を有している方で、本スタジオの利用に堪えないと当社スタッフが判断した場合
(8) 第6条各号の定めに1つでも該当する場合
(9) 第10条各号の定めに1つでも該当する場合
(10) 次条各号に定める行為を1つでも行った場合

(禁止行為)
第18条 会員は以下の行為を行ってはならないものとします。

(1) 本施設内を撮影又は録音すること。但し、当社の書面による許諾がある場合を除きます。
(2) 本スタジオ内で営業、宣伝、勧誘活動を行うこと又は商品若しくは役務等を販売する行為を行うこと
(3) 本スタジオ及び本施設並びに本スタジオ及び本施設内に所在する設備を故意に毀損すること
(4) 本スタジオの利用に際して、大声や奇声を発し、あるいは他の会員や当社スタッフ、TF社スタッフを威嚇する行為等の迷惑行為を行うこと
(5) 本規約並びに当社及びTF社が別途定める規則に違反する行為を行うこと
(6) 当社及びTF社の合理的な指示、指導に反する行為を行うこと
(7) 本スタジオ及び当社の名誉、信用を毀損し、または秩序を乱すこと
(8) ペット等を本施設又は本スタジオ内に持ち込むこと
(9) 本施設及び本スタジオ内における喫煙
(10) その他当社が不適切と判断する行為

(プログラム及びインストラクターの変更)
第19条 当社は当社のみの判断により、会員が予約したプログラムの名称及び内容の変更並びに担当するインストラクターを変更することができるものとし、会員はこれに異議を唱えないこととします。

第4章 その他
(利用料の変更)
第20条 当社は利用料等を当社のみの判断で改訂することができるものとします。

(営業の中止及び停止並びに利用の制限)
第21条 当社及びTF社は次の各号に定める事由にて本スタジオの営業ができない、又は困難となった場合、本施設又は本スタジオの全部又は一部を閉鎖し、あるいは利用を制限することができるものとします。
(1) 法令の制定若しくは改訂又は行政指導を受けたとき
(2) 天災地変、事故、戦争又はその他不可抗力の事態が発生した場合
(3) 著しい社会及び経済情勢の変化があった場合
(4) 法令、条例等に基づく点検、改善又は施設改修等が必要となった場合
(5) 当社が必要と認めた場合又はその他やむを得ない事由が発生した場合
2 前項各号に該当する場合、当社は全ての会員登録を取り消すことができることとします。この場合、会員は理由の如何を問わず何らの異議の申立及び一切の損害賠償の請求はできません。

(事故発生時の責任)
第22条 会員は本スタジオ内において本規約、当社及びTF社が別途定める規則並びにインストラクターを含む当社及びTF社スタッフの指示に従い、自己の責任において行動するものとします。会員がこれらの規約、規則及び指示に反して盗難又は傷害等の事故が発生し損害を受けたとしても、会員は当社及びTF社に対して何らの異議の申立及び一切の損害賠償の請求はできないものとします。

(免責)
第23条 会員が本スタジオの利用中、会員自身が受けた損害に対して、当社は当該損害に対して責任を負わないこととします。但し、当社のみに故意過失がある場合はこの限りではありません。
2 会員間のトラブル及び紛争に対して、当社は当該トラブル又は紛争に一切関与せず、会員は当社に当該トラブル又は紛争解決を求めることができないこととします。但し、トラブル又は紛争の責が当社のみに帰する場合はこの限りではありません。
3 本スタジオで行われるトレーニングの性質上、大きな音で音楽を流すとともにストロボ等を多用した演出を行います。会員は予めこのことを承諾するとともに、当該大音量の音楽やストロボ等を多用した演出により万が一会員に健康上の被害が出た場合でも、会員は当社及びTF社に対して何らの異議も申し立て及び一切の損害賠償の請求ができないものとします。

(会員の損害賠償責任)
第24条 会員は、本スタジオ利用中において会員自らの責に帰すべき事由により当社又は第三者に損害を与えた場合は、当社又は当該第三者において発生した損害を賠償する責を負うものとします。

(規約の変更)
第25条 当社は必要に応じて随時本規約及び本規約以外の各規則を変更することができることとします。
2 本規約及び本規約以外の各規則の変更は変更後の本規約又は各規則を本スタジオ公式Webサイトに掲出した時点をもって効力を発生することとします。

(準拠法及び裁判管轄)
第26条 本規約の準拠法は日本法とし、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を本規約に関する一切の紛争における専属的合意管轄裁判所とします。

平成29年11月3日